JJと歌の日々

アレバ社の国から

a0225774_2034210.jpg
Paris。
看病、家業の手伝い、自分の仕事、家事を済ませての長い休みの一人旅。
ルーブル美術館。


げんをかついで裾広がりの八。

8冊持ってきた原発のウソ。
出会って、渡せる雰囲気の人に渡し中。
# by umi_0768 | 2011-10-07 21:05 | AREVA社の国から

命の恩人に会いに

手術の前後は何度もいろんな言葉をかけてくれました。

まさかの退院1年後の投薬治療の開始。その時も話し相手に。
3ヶ月だけど、想像以上の副作用。
辛かった。
文字通りの命の恩人。

先生は随分前に東京に引っ越されたので、今回は私のトンボ帰り。
ここ数ヶ月のモヤモヤを色々と話してきました。
a0225774_2205721.jpg

原発の事も、いつものようにおおまかな世界金融の事をまず話される。
この話題になると暗澹たる気持ちになるけど、その通りなんだと思う。
がっちりとした負の鎖のよう。

しかし、先生は「啓蒙」の大切さを繰り返し言われました。
たとえ小さな事でも、各人それぞれの腑に落ちないと進まない。

思ったら、口に出して行動すればいい、と。


また明日から少しずつ。
# by umi_0768 | 2011-09-25 23:17 | 原発

美和ちゃんからのメール

うんと若い美和ちゃんに、blogのURLをメールで送ったら、
返信有り。
_____________________________________________

こんにちは!
少し前からちょくちょく拝見してました。
もしかして?、と。

脱原発は、ほんとに長い道のりになるだろうと思っています。
6月に100,000年後の安全という映画を見に行って、脱原発とともに背負っていく最終廃棄物の途方もない時間と問題を改めて知り、これを日本がどうしていくのか。

もんじゅ君なんて、動かして欲しくないですし。
脱原発と共に進めていかなければ進まない事の多さや、いろんな意見があって当たり前だけど議論は穏やかにしたい派としては、意見や調べるだけで疲れた時期もありました。

それでも地道に進めていくしかありませんよね。
私たちの声が届くと信じて。


a0225774_15333896.jpg

(撮影・松岡広樹)
# by umi_0768 | 2011-09-02 15:35 | 小出裕章

ドイツZDF-Frontal21 東電福島原発事故その後(日本語字幕)


# by umi_0768 | 2011-09-01 15:10

ドイツZDF-Frontal21 東電福島原発事故その後(日本語字幕)

↑予備。

どんどん削除されているドキュメンタリー
# by umi_0768 | 2011-09-01 14:47