JJと歌の日々

はる

a0225774_23413239.jpg

many sesse.











湿したる花の切手を押しながら踏み絵は春の季語と思いき     (大平千賀)
# by umi_0768 | 2017-04-20 23:43 | 言葉

貰って知った蝋梅

昔もらってから初めて知った花。
3本くらいをくるっと新聞に包んで、ホイと。
香りが良くて狼狽した記憶。

a0225774_22564574.jpg

今日も危なかった。
約束を一週間早く思い込んで、その日に行ったら私一人でした。
相手の方が私より本当にびっくりしていました。堂々と来週ですよね、とメールしたので。









蝋梅のうすく磨いた花びらにそよと巻き付くひよどりの舌   (米川千嘉子)
# by umi_0768 | 2017-04-19 22:58 | 言葉

野水仙

a0225774_20442267.jpg

久々に「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」を観て吐き気。








野水仙群れ咲くところ浦風のそよろにあまき香り漂う       (高島静子)
# by umi_0768 | 2017-04-18 20:50 | 言葉

いつも二人で

うらやましいなり。
a0225774_23362910.jpg











外に出ても必ずそばにうの人のたたずみており四季を通して    (真津矢)
# by umi_0768 | 2017-04-17 23:38 | 言葉

保存食

a0225774_2254749.jpg

You enjoyed yourself with Ms Jou.









ハタハタを三年漬けて食すとぞ新日本風土記の東北の冬   (大島史洋)
# by umi_0768 | 2017-04-16 22:59 | 言葉